寺子屋”ZEN”は新潟県三条市の工具メーカーに勤務40年の丸山善三がお届けするWebメディアです。

田中角栄【闇の将軍 四部作】演劇鑑賞

2月に入った。1年で最も寒い大寒を迎える。
当地、新潟も年初から通常の降雪量(センチ程度)があった。
この程度なら雪国新潟では例年通りとしている。

ところで、年初元旦の夕刻16時10分に発生した”能登半島地震“は、
現在お亡くなりになられた方が、ゆうに200人を超えてしまった。
更に地震発生と火災が重なった激震地区の輪島市では、100人を超えた。
現在尚行方不明の方々に対して懸命な捜索が続けられている。
謹んでご冥福をお祈りすると共に一歩一歩でも通常の生活に近づけますよう
心からお祈りいたします。

さて、年明けの1月13日新潟市内に住む友人に誘われ、田中角栄四部作 「闇の将軍」を観劇した。
(劇団:JACROW、中村ノブアキ代表)四部構成になっており、
午前11時の開演から午後8時過ぎまで途中の休憩をはさんで延、7時間に及ぶ劇を鑑賞した。

普段観劇することが少ない私も、四部作の長編の観劇に
「最後まで集中して見られるかな…」と不安の心境であった。
しかしながら、どうしてどうして、これがなかなか良かった訳である。

観劇特有の場面の展開性が早く、役者さん演じる臨場感が映画等とは全く違う。
役者さんの熱演もさることながら7時間の長時間を感じさせないストーリーの展開でもあった。
ストーリーは、田中角栄出身の故郷(新潟県西山町)の青年期が、一攫千金の夢見る場面から
始まった。次男角栄を想う、母フメ役も印象的であった。長時間の公演は、
角栄が75歳で亡くなるまでの政界の裏舞台の場面を中心に展開されていた。
夜の料亭での秘密裏の会談のシーンや、自宅に戻った時の何気ない家族との
会話の場面などである。今でも語り草になっている角栄さんの演説で、裏日本新潟の雪の
ハンディをなくすための実際語った演説である。「三国峠をダイナマイトで吹っ飛ばせば
越後に雪は降らない。そしてその土を日本海に運べば佐渡と陸続きになる」(初出馬時の演説)

この場面も主役(狩野和馬氏)の熱演が印象的であった。

場面変化の濃淡も演劇だから出来る技であろう。1972年(昭和47年)の
日中国交正常化達成と日本列島改造論発表を頂点として、4年後のロッキード疑惑、
それから9年後には脳梗塞に斃れる。劇場シーンは、政治家を志した明るい場面から
グレーに変化し徐々に闇へと入っていく。ラストシーンは、角栄さん独特の右手を上げて
歓声に応える姿で幕が下りた。そしてスタンディングオベーション、カーテンコールで
全役者さんが揃い、一斉に声援に応えるシーンは劇場公演ならでは。
座り続けたお尻の違和感も吹き飛んだ。

今年は田中角栄没後31年となる。
直近では、氏の著作『日本列島改造論』復刻版が発刊されて話題になった。

越後の僻地の次男坊が政治家を志し上京。
“田中角栄”は、国民的政治家として生涯を地元のために粉骨砕身尽くした。
派閥の存続で右往左往している今の政治家の方々が、なぜか滑稽にも見える。


ここで告知です。

小生、この度書籍を発刊しました。

『父母のことば、恩送り』―家族の時間

Amazon電子書籍(ペーパーバック版も予定)です。

興味のある方はぜひお読みいただけると嬉しいです。

それとこれも余談ですが「ほぼ日5年手帳」を買いました。
今年から始めてみることにします。

コラム一覧に戻る